<先天性障害>妊婦の葉酸不足リスク改善せず-毎日新聞記事より

<先天性障害>妊婦の葉酸不足リスク改善せず 学会が声明
7/11(火) 19:14配信 毎日新聞
妊婦の葉酸不足でリスクが高まる先天性の障害について、
2000年に厚生省(現厚生労働省)が都道府県などに通知で摂取を推奨して以降も発症率が改善していない。
日本先天異常学会はサプリメント(栄養補助食品)での葉酸摂取を呼びかける声明をまとめ、関係学会に周知への協力を求めている。

葉酸はビタミンBの一種で緑黄色野菜や果物などに含まれる。

妊娠初期に不足すると胎児の脳や脊髄(せきずい)の発育に影響し、
運動機能や知覚がまひする二分脊椎症などになる恐れがある。

食事からの摂取では十分ではない場合があり、
00年の厚生省通知は「葉酸の摂取で全てを防げるわけではない」とした上で、
妊娠の1カ月前から妊娠3カ月までバランスの取れた食事に加え、
サプリメントで1日0.4ミリグラムの葉酸を取ることを推奨した。

しかし、同年以降、発症率は出産1万人当たり5~6人で推移している。
年間500~600人が発症している計算になる。

熱田リハビリテーション病院(名古屋市)の近藤厚生副院長らの調査では、
01~12年に出産した女性で葉酸サプリメントを取っていたのは23%。
二分脊椎の子を出産した女性では10%と低かった。

近藤副院長は「海外では小麦粉などの穀類に葉酸を添加する国が約80あり、
二分脊椎などの障害が3~5割減ったという報告も出ている」と指摘する。

先天異常学会の大谷浩理事長は「葉酸の重要性が広く認識されていない。
学校教育で妊娠中の栄養摂取の大切さが伝えられるようにするべきだ」と話す。
【下桐実雅子】

 

葉酸サプリを摂取されている方の目的は、
“妊娠しやすい体づくり”という場合が多いようです。

それはそれでひとつの正解ですが、
答え・・・というか、目的はひとつではないことがよくあります。

もうひとつの答えは、胎児の先天性異常というリスクを回避すること。

厚労省としては、
妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月ころまでの葉酸摂取を推奨していますが、
これは、この時点で特に葉酸が必要となることをあらわしています。

妊娠を計画している方も妊娠が分かった方も、
バランスのとれた食事と葉酸の摂取を心がけましょう。

既婚女性の3人に1人「不妊で悩んだ経験あり」

既婚女性の3人に1人「不妊で悩んだ経験あり」
TBS系(JNN) 6/9(金) 5:50配信

妊娠を希望しながら子どもができない「不妊」で悩んだ経験がある人が、
結婚している女性では3人に1人だったことが、
製薬会社の調査でわかりました。

製薬会社の「メルクセローノ」が全国の20代から40代の結婚している男女およそ1万5000人を対象に、
「不妊」についてインターネットで意識調査をしたところ、
「悩んだ経験がある」という人は、
女性ではおよそ3人に1人、男性では4人に1人にのぼりました。

また、不妊治療の経験がある男女600人を対象にした調査では、
初めての受診に「1人で行った」という女性がおよそ7割だったのに対し、
男性の場合、「パートナーと行った」人が8割以上でした。

不妊を自覚しながら、すぐに病院へ行かなかった理由としては、
男女ともに「自然に任せたかった」が最も多く、
次いで、女性は「費用がかかる」、
男性は「自分が不妊だと認めたくなかった」でした。

 

男女ともに不妊に悩んでいる人は多いものの、
病院に行くのをためらってしまうという結果は、よく分かります。

ただ、時間だけが経過してしまうのは、
気持ちが焦るばかりで、それがよい結果につながることはありません。

結婚自体に適齢期はないけれど、
妊娠や出産(特に初産)に関しては、適齢期があることは確かです。

また、
一人目はあまり考えずに授かった!という方でも、
二人目がなかなか授からない・・・というケースも見受けられます。

もし、病院に行くのが“まだ”ハードル高いなぁ・・と考えているのなら、
葉酸サプリを半年間使ってみる!といったアクションを起こすことも大事だと思います。

BABY葉酸サプリをご存知ですか?


以前もお話しましたが、葉酸には2種類の型が存在します。
モノグルタミン型とポリグルタミン型という2種類です。

厚生労働省が推奨しているのは、“モノグルタミン型”です。
そして、1日の摂取目安量は400μg(マイクログラム)。

葉酸サプリの販売サイトを見ると、
この400μgという数字を見ることが多いですが、
“モノグルタミン型”をしっかりと表記しているサイトは少ないように感じます。

葉酸の型でなにが違うの?
葉酸の型は2種類あって、モノグルタミン型が推奨されているとお話しましたが、その理由は明確です。
実は吸収率がまるで違うからです。
モノグルタミン型の葉酸を摂取した時の吸収率を100とすると、
ポリグルタミン型の葉酸は50程度と言われています。

つまり、同じ400μg配合の葉酸サプリを摂取した時、
モノグルタミン型が400μg摂取できるのに対し、
ポリグルタミン型は200μgしか摂取できない計算になります。

これは、ちょっとした成分の違いとあなどれませんね。

葉酸サプリを選ぶときには、モノグルタミン型!と覚えておいてくださいね。

その他の成分もとっても大事!

また、妊娠前、妊娠中、出産後に必要な栄養素は、葉酸だけではありません。

その他のカルシウム、鉄分、ビタミン・ミネラルといったものも必要ですし、
きれいなママでいたい!という女性の気持ちに応えた美容成分、
そして、不必要な成分(香料や着色料といったもの)は要りませんよね?

実は、すべての条件を兼ね備えた葉酸サプリは、多くありません。

BABY葉酸サプリは、
すべての条件を兼ね備えた数少ない葉酸サプリのひとつです。
 先輩ママたちが認めた葉酸サプリはこれだ!

ちなみに、含有量という点を切り取っても、
BABY葉酸サプリは、すべての項目で1位か1位タイです。
(弊社にて8社の葉酸サプリを比較:2017年4月30日現在)

とりあえず試してみたい方には、1回のみのご購入もいいですが、
お買い得な定期コースにも、回数のお約束(最低△回といった条件)はありませんから、
ご検討してみてはいかがでしょうか?

BABY葉酸サプリは、
今まで弊社サイトで取り上げていませんでしたが、
すでにかなりの人気者らしいです。

たしかに、非の打ち所がない優等生ですね。^^;

すくすく葉酸サプリ-気軽に試しやすい3つのポイント

高齢妊娠、高齢出産の増加に伴い、国が推奨している葉酸サプリによる葉酸の摂取。

妊活中の女性だけでなく、妊娠中や出産後にもお勧めなのですが、
国が勧めているだけあって、葉酸サプリの種類がとても多く、迷ってしまいます。

今回は「すくすく葉酸サプリ」が他の葉酸サプリと違って、
気軽に試しやすい!と人気の理由を3つ挙げたいと思います。

 続けやすい金額-お買い得感

すくすく葉酸サプリは、通常価格が1ヶ月6480円!

他の葉酸サプリと比較しても、お買い得なのですが、
定期コース価格では4980円ではじめることができます。

1日あたり166円という価格は、
長期間続けるためにも必要な条件だと思います。

また、以下の2つのポイントによって、更に安心です。

 15日間の返金保証

商品到着後15日以内なら、使用途中でも返金してくれます。

 定期コースの縛り回数が無い

最後に挙げるポイントは、他社ではあまり見かけない条件です。
それは、お得な定期コースに縛り回数が無い!ということです。

通常、葉酸サプリに限りませんが、お得な定期コースには予め
「3回続けてください」「4回継続が条件です」といった“縛り”があります。

複数回の継続を条件に初回をお買い得にする-という方法が、
サプリなどの通販では一般的になりつつあります。

ですが、すくすく葉酸サプリは違います。

「定期コース」でお買い得にはじめても、
「1回目でやめます」と解約を申し出ることが可能です。

結構、これって、すごいことなんですよ。
(なんか、こういうやり方しているのって素敵ですよね ^^;)

すくすく葉酸サプリが気になる方は、公式サイトをご確認ください。
 妊活・妊娠中のママの必需品『すくすく葉酸サプリ』
すくすく葉酸サプリ

葉酸サプリ・・・何がおススメなの!?

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s-500
葉酸サプリも認知度の上昇と共に、たくさんの商品が乱立するようになりました。

「葉酸サプリを飲んでみたいけど、どれがいいの?」
「色々な種類の葉酸サプリの特徴は?」

・・・と、なかなか絞りきれない現状があります。

当サイトでは、今後も葉酸サプリの特徴や比較などを行っていきますが、
より詳しく知りたい方向けの専用サイトも製作しています。

160406Image2-600
 比較対決!ベルタ葉酸サプリVS美的ヌーボプレミアム

今回は、当サイトでも人気のベルタ葉酸サプリと美的ヌーボプレミアムに関しての比較記事です。
当サイト内で不足していた文章など加筆していますので、併せてご覧いただければ幸いです。